国内旅行 ホテルグルメ情報 ホテル 宿泊記 アフタヌーンティーを巡る旅 グルメスポット グルメに関するニュース NEWオープン情報

【宿泊レポ】1泊2日じゃ足りない!魅力溢れるラグジュアリー体験を<ANAインターコンチネンタル安比高原リゾート>で♡

2022年2月、岩手県の安比高原リゾートに世界最大級のラグジュアリーホテルブランド「インターコンチネンタル」が手がける最上級ホテル「ANA インターコンチネンタル安比高原リゾート」が開業しました。

38室ある客室全てが「クラブインターコンチネンタル」というパーソナライズされたホスピタリティで、ワンランク上のラグジュアリー体験を叶えてくれます。四季を通じて触れられる大自然の中で過ごす、ラグジュアリーなホテルステイについてご紹介します。


安比高原と言えば、“奇跡のシルキースノー”と称されるきめ細かいパウダースノーが降り積もるゲレンデに、国内だけでなく世界中からスキーヤーが集まるほど、極上の雪質で知られています。

そんな安比高原のこのエリア一帯には、約5年前から国際的な高原リゾートへと進化させるプロジェクト「安比バレー構想」が動き出しており、このプロジェクトの一環で、2022年2月にオープンしたのが「ANA インターコンチネンタル安比高原リゾート」です。

珠玉のエクスペリエンスを提供するラグジュアリーリゾートの誕生は、東北初ということで心躍ります。


ホテルエントランスに到着すると、胞子をモザイクガラスで表現したガラスアートや、秋田県と岩手県にまたがる八幡平の頂上付近で見ることのできる幻の絶景「ドラゴンアイ」をモチーフとしたアートが、自然光降り注ぐクラブラウンジへとエスコートしてくれます。

ラウンジには重厚な漆塗り飾り金具が印象的な「岩谷堂箪笥」が飾られるなど、地元岩手の伝統も感じられるインテリアが印象的。


クラブラウンジでのパーソナルチェックインは、ウェルカムドリンクと共に♪

今回宿泊した部屋タイプは「プレミアムツイン」


宿泊できる客室は全38室(7タイプ)で、一歩足を踏み入れると広々と開放感溢れるつくりと、大きな窓から望む景色に癒されます。特に冬季は粉雪に包まれた白銀のゲレンデが目の前に広がるというのだから、想像するだけでもワクワクしてしまいます。

ホテル内には温泉大浴場が設けられていますが、岩と白木をテーマにした部屋のバスルームもとっても素敵!特にゲレンデを望む大きな窓が配された檜風呂は、室内に居ながらも露天風呂に浸かっているような気分が楽しめ、贅沢なバスタイムが過ごせます。

また、ソファーでテレビ観戦やティータイムを楽しんだり、テーブル席でパソコン広げたりと、思い思いの時間を過ごすのに最適な空間となっています。

  • プレジデンシャルスイート

宿泊したお部屋以外の部屋タイプには、天井から床まで広がるコーナーウィンドウから目前にゲレンデを臨む300平米超のメゾネットタイプの「プレジデンシャルスイート」、家族連れや友人たちと泊まりたい「安比スイート」、ゲレンデのある前森山を眺めることができるプライベートガーデン付きのお部屋など、四季折々の安比の自然を表現した寛ぎの客室が用意されています。

館内には温泉大浴場やスパ、フィットネスジムも完備

お部屋で寛ぐだけでなく、館内には岩風呂と檜風呂を擁した温泉大浴場や、スパ「LAVILLA SPA APPI」、24時間営業のフィットネスジムなど、リラックスタイムを充実させてくれる施設が充実しています。

特に温泉大浴場は、ここでしか入れない源泉となっており、肌にまとわりつくような少しとろみのある泉質は何度も入りたくなるほど。雄大な景色を見ながら浸る露天風呂は最高ですよ♡

また、スキー場に面したリゾートならではのサービスとして、スキーヤーのための専用ロッカールームまで備え付けられており、隣接する安比プラザでは、スキー用品のレンタルなども行っています。

続きはコチラへ≫≫≫ホテルから抜け出せないほど魅力溢れるグルメの数々

-国内旅行, ホテルグルメ情報, ホテル 宿泊記, アフタヌーンティーを巡る旅, グルメスポット, グルメに関するニュース, NEWオープン情報

海外旅行にオススメの持ち物

1
海外旅行への必須アイテム!海外用Wifiを持って行けば、日本で使っているスマホがそのまま使える!

海外旅行に行きたいけど、日本にいるときと同じようにネットを見たり、メールチェック ...

2
旅の足元にはクロックスが欠かせない!季節や天気に合わせたクロックス選びのコツ

旅行に行くときのシューズ選びって、とっても大事ですよね。今回の旅は歩くことが多い ...

固定ページ: 1 2 3