国内旅行 ホテル 宿泊記

【宿泊レポ】東京駅丸の内駅舎の中にある東京ステーションホテルでラグジュアリーステイ!

東京駅丸の内駅舎の中で泊まれるホテルがあるのをご存知でしょうか?

1915年に開業し、その歴史は古く、時代を超えて多くの方から支持を得ている「東京ステーションホテル」に滞在してきました。お部屋の雰囲気、バリエーション豊かなレストラン、宿泊者専用のアトリウム朝食ブッフェなどなど、魅力がたっぷりな「東京ステーションホテル」についてご紹介します。

大正3年(1914年)12月に開業した日本の玄関口、東京駅。今も昔も多くの人々が行き交う丸の内駅舎は、日本の近代化を担う首都東京に誕生した中央駅として発展してきました。

平成24年(2012年)には、国指定重要文化財である丸の内駅舎が創建当時の姿に復原され、創建時の意匠材料が大切に保存されながらも新しく生まれ変わりました。


丸の内駅舎の保存・復原に際し、東京ステーションホテルも約6年半休館したのち、2012年にコンセプトや内装を一新し、150の客室、10のレストラン&バー、フィットネス&スパ、宴会場などを備えたホテルに生まれ変わりました。

→2015 年よりヨーロッパで名高いスモールラグジュアリーホテルのグループに迎えられ、2016年から5年連続で「フォーブス・トラベルガイド」にて4つ星を獲得しており、立地やロケーションの良さだけでなく、一流のおもてなしで迎えてくれます。

それでは、東京ステーションホテルでの滞在記をご紹介していきます!今回は“お部屋編”です。

東京ステーションホテルには、丸の内側の景観を一望できるパレスサイド、美しいドームレリーフを間近に眺められるドームサイド、日本では珍しい二階建てのメゾネット、東京駅丸の内駅舎の中央に位置するインペリアルスイートなど、11カテゴリ全150室のお部屋があります。


今回ステイしたのは、パレスサイドスーペリアツインです。ヨーロピアンクラシックを基調としたお部屋は天井が高く、広々と感じられます。家具などの調度品もモダンクラシカルで、落ち着きのあるモーブカラーもオシャレ!


まるでヨーロッパに訪れたかのような雰囲気で、扉を開けただけなのに既に居心地が良い♪本当に東京駅の駅舎の中にあるホテルなの?と思うくらい静かで、すっかり寛ぎモード全開。


丸の内側のホテル中央付近にある客室なので、窓からは駅前広場と奥の皇居外苑が望めます。季節的にも街路樹が色づき、西日が当たってキラキラと綺麗でした。

お部屋での寛ぎタイムに欠かせないバスルームも素敵ですよ!


お風呂とトイレは独立したセパレートタイプ。バスタブは大きく、足をのばしてゆったりとお湯に浸かることができます。しかも、たっぷりお湯を張ってザブーンと溢れてもいいように、特別に設計されているんですよ!

洗い場もゆったりしていて、椅子も用意されていたり、シャワー派の方にも嬉しいレインシャワーも完備されています。また、バスタブの横にライト調整のボタンがあり、好みの明るさでゆったりバスタイムを楽しむことができます。明かりを暗くして天井を見上げると水面の揺れる風景が映り、リラックス気分満喫です。ぜひ入浴剤持ってお出掛けになって!

お風呂にゆったり入った後は、用意されているバスローブ、部屋着、スリッパでリラックスタイムを満喫できますよ。


アメニティにもこだわりがいっぱい!フランスのフレグランスブランド「HISTOIRES de PARFUMS(イストワール ドゥ パルファン)」が1年以上かけて創り上げた、東京ステーションホテルの“歴史の香り”をイメージしたバスアメニティは、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローション、石鹸の5種が揃います。切符をイメージしているのも東京駅舎にあるホテルらしいですよね!


ミニバーなどは、コロナ過のご時世ということもあり、必要最低限のラインナップとなっています。ミネラルウォーター2本が無料で用意されているので、添えられている紅茶やコーヒを淹れて楽しむことができます。


東京ステーションホテルは、松本清張や川端康成など、文豪からも愛されたホテルとして知られています。そんなストーリーも大切にされているからこそ、部屋にあるステーショナリーは、原稿用紙型のメモ帳や万年筆のようなボールペンが置かれています。こちらのステーショナリーはホテルショップでも販売されているので、お土産にもオススメです。

今回のステイでは、ホテル内のレストラン&バーでディナーやカクテルタイム、翌朝にはアトリウム朝食ブッフェと、グルメもたっぷりと堪能してきました。次回はグルメ編をご紹介します。

【東京ステーションホテル】
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
アクセス:JR東京駅丸の内南口に直結
URL:https://www.tokyostationhotel.jp/

【関連記事】
・グルメ編第1弾はコチラ≫≫≫東京ステーションホテルのグルメがスゴイ!オシャレなバーでお腹いっぱいのディナーを満喫♪
・グルメ編第2弾はコチラ≫≫≫【宿泊レポ】泊まった人だけの特別な朝食体験!東京駅の屋根裏で楽しめる贅沢朝食ブッフェ

-国内旅行, ホテル 宿泊記
-,

海外旅行にオススメの持ち物

1
海外旅行への必須アイテム!海外用Wifiを持って行けば、日本で使っているスマホがそのまま使える!

海外旅行に行きたいけど、日本にいるときと同じようにネットを見たり、メールチェック ...

2
旅の足元にはクロックスが欠かせない!季節や天気に合わせたクロックス選びのコツ

旅行に行くときのシューズ選びって、とっても大事ですよね。今回の旅は歩くことが多い ...